So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

巫女體驗預約方法 ★ 巫女体験予約方法



點擊網頁「お問い合わせ」(網頁上面「LINK」左邊的圖標)進入。
請填寫姓名、預約日期、時間以及聯絡方式(E-mail地址)後發送。
巫女體驗從上午10點開始到下午16點結束,一次體驗時間不超過一小時。
接受電話預約,但請講日文或者英文。另外會講英文的負責人也有可能不在。
有關巫女體驗的詳細內容,請點擊此處鏈接查看。
中国語(繁体字)
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/036/485/hantai.pdf

中国語(簡体字)
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/036/485/kantai.pdf



このホームページの「お問い合わせ」(HPの上段 「LINK」左横のアイコンです。)から
 名前・希望日・時間 ・ 連絡先(メールアドレス)を記して送信してください。
 巫女体験は午前10時から午後16時までで、所要時間は1時間以内とさせて頂いています。
 電話でも受付いたしますが、日本語英語でお願いします。英語においては担当者がいない場合があります。 巫女体験についてはこちらのリンクをご覧下さい。

日本語
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/036/485/japan.pdf




巫女體驗是一項讓大家了解與體驗日本文化中的的神社、神道的活動。
神社是神聖之地,請大家注意言行莊重。


この巫女体験は日本文化である神社、神道を皆様に理解体験していただくものです。
神社は神聖な場所ですので品性ある行いをしてくださるようお願いいたします。



nice!(0) 

巫女さん体験 [お知らせ]

尼崎えびす神社では、巫女さん体験を行っています!

詳しくはこちらをご覧下さい(´∀`)⇒ここをクリック
IMGP3664.JPG
nice!(0) 

夏越の祭のお知らせ [お祭り・イベント]

今年も早いもので半年が過ぎました。今年の目標や豊富も半年なりに進んでいますでしょうか。
さて、来る平成28年7月9日(土)・10日(日)に尼崎ゑびす神社にて「夏越の祭」が執り行われます。
神道では、人生や季節ごとの節目を重んじ様々な神事が行われます。
「夏越の祭」は、過ぎ去った半年間に心と身体に積もってしまった「罪・穢れ」を落とすご神事です。
境内には、厄を落とすとされている「チガヤ」という植物作った大きな輪が設えられます。
輪くぐりをすると、「罪・穢れ」を落とすことができ、残りの半年をまた無事に過ごせるというものです。

undefined

また、和紙でできた人形の形のものを「ひとがた」といいますが、これに、お名前・年齢・祈願などを書いて
拝殿の木箱に納めます。のちに神主がおたきあげをすることによって同じく厄を落とす効果があると言われております。

時、そして季節を大切に想う心が生活を豊かにしてくれます。
是非、清々しい心になるために、神社へご参拝ください。


また、夕方より、「ゑびすビアガーデン、音楽ダンスの夕べ」が開催されます。
サッポロビールさん、尼崎中央三番街商店街さんの協賛で夜に楽しいイベントを行います。
蒸し暑い夏の夜を冷たいビールと爽やかな音楽で癒しませんか。

夏越 フラ.JPG

詳しいイベント内容、はこちらをご覧下さい⇒ここをクリック★

お焚き上げとは [お知らせ]

神道は、全ての物に魂が宿るとされる「八百万の神」信仰ですので、日本人はいつの時代も物に対する想いを強く持っていると考えられます。

当神社へも古い御札やお守りはもちろんのこと、捨てる決心をした人形、櫛、靴、お財布など様々なものを持ってこられます。
お焚き上げとは、その物に宿った命、自分のために働いてくれた命に感謝し、魂を鎮める神事のことです。
一般的には境内で祝詞を上げ焼却します。

参詣者の中には、処分すべきものだけどなかなか捨てる決心がつかないという迷いをもって来られる人もいます。
お手紙やアルバム思い出の品々はいろんな方からの想いを粗末にしてしまうのではないかと不安な気持ちになりますよね。
人形などを処分すると、呪われないかという質問をされる方もいます。
(普通は、呪われませんから、 普通ではない場合、ご相談ください 汗。)

でも、何かを捨てることって、すごい成長だと思うのです。
これまでの存在に感謝をして物質的な関係にさよならすると、きっとそれが種となり新しいものとご縁がつながります。

捨てたいもの、捨てれないもの、お焚き上げについてなんでも当神社へお尋ねください。
yjimage[3].jpg

写真イメージです。

尼崎中央3丁目商店街で「優勝マジック143」の点灯式・優勝祈願祭 [お知らせ]

平成28年3月24日
尼崎中央3丁目商店街で「優勝マジック143」の点灯式にて阪神タイガースの必勝祈願祭を執り行いました。
参列者は阪神ターガースのハッピやジャンパーを着けた3丁目関係者さんたち、三丁目のゆるきゃらの、めでたいがーや巫女さんのコスプレ!?を着たアイドルブレスさんも参列してくださいました。
こういうイベントをするとみんなの気持ちが重なって平和が築けますね。

神社のおまつりも、よい人間関係の繋がりを継続してきたんですね。
地元の皆さん、阪神タイガースを応援しましょう。

P1030202.JPG
nice!(0) 

夏越の祭 斎了いたしました。 [お祭り・イベント]

去る、平成27年7月9日、10日に執り行われました夏越の祭を今年も無事終えることができました。
今年は、尼崎中央商店街三番街さんと、サッポロビールさんに協賛をお願いし、ご神事と、イベントを並行して行うことができました。多くの参詣者の方々に清々しい心で、夏のひとときを楽しんでいただけたかと思います。

今日、神社にとって、祭を執り行うことは一大事です。なぜなら、祭を支えてくださる主体が時代の変化とともに大きく変わってしまったからです。また現代社会の問題ともなっている少子高齢化、グローバル化が日本文化の美しさを象徴する人生儀礼を執り行う神道にとっても深刻な問題となっております。

これまで神社をささえてきた村の共同体、氏子という概念は、とくに都会では、ほぼなくなっており、神社は、経費のかかる祭などを執り行うことは、大変になってきているということです。

当神社も夏越の祭と、十日ゑびす大祭時には、祭のための寄付集めに多くの商店、企業さんにお願いに伺います。寄付が伝統として受け継がれるところと、寄付に対して疑問をもたれるところもあります。
地域の神様に感謝、祈願するお祭りなので、皆様にご協力を賜りたいところですが、時代の変化とともに色々な反応は然りでしょう。
寄付を快くしていただくためには神社側の発信、努力も必要な時代となってきていることを認識させられます。


共同体、氏子さん組織の崩壊はこれだけIT、情報化社会になっている今、食い止めることは難しいでしょう。
そのためには、新しい神社を支えてくれる人々、共同体、いわば、尼崎えびすさんのファンを作っていくことが大切だと痛感しております。

大切なのは、ご利益のある神社にすることだと考えています。
神道には、「 神は人の敬によりて威を増し人は神の徳によりて運を添ふ」と言う言葉があります。
神様は人々の敬意によってその御神徳を増し、人々はその御神徳によって生かされるという神様と人間の
関係が述べられています。

尼のえべっさんに参ると、癒される、気持ちが引きしまる、前向きになるというような良い雰囲気を作り
多くの方に、ゑびす神様に会いに来ていただき、その御神徳が増すための神社づくりを考えていきたいと思っています。

お祭りにご協力頂きました商店、企業、組織の皆様ありがとうございました。
また当日暑い中、笑顔でビアガーデン担当、巫女さんとしてご奉仕頂いた皆様、ライブイベントに出演くださった 有木フラスタジオ、つれづれのマンバー方、高橋良子様に感謝申し上げますと同時に、これからも、ゑびす神様の御神徳を授かられますようにごご祈念いたしております。

それから、どのような形でも結構です。尼崎ゑびす神社のお祭り継続にご協力頂ければありがたいです。
よろしくお願いいたします。
夏越祭 茅の輪くぐり.jpg

nagoshi 2015 1.JPGフラダンス 夏越.JPG夏越 2015 つれづれ.JPG
夏越 フラ.JPG
nagoshi  2.JPG





開運セミナーを開講しました。 [お祭り・イベント]

平成27年4月19日(日) 当神社で「開運セミナー」を開講しました。

多くの皆さんは幸せをもとめて神社へ参拝にいらしゃいます。
いわゆる「開運」祈願ですね。
では、「しあわせ」ってどういう状態のことをいうのでしょうか。
ずっと希望してきたことが、叶ったがそれがしばらく続くと人は幸せを感じなくなるそうです。
多くの参詣者とお話をする中で、しあわせとは、「変化」を経験することのように思わされます。
そう、人は、「変化」しかも、今よりもバージョンアップする変化にしあわせを感じるのです。

人は、良い変化をもとめて、神社でお参りをするのですね。
もちろん、人生の通過儀礼も「変化」です。

神様は、全ての人の願いを聞いてくださるのでしょうか。
神職をしばらく経験すると、神様に聞いてもらいやすい体質、習慣をもつ方の存在が認識できます。

そこで、日本神話に出てこられる神様を例に幸せへのステップアップについて語らせて頂きました。

皆さん、熱心に聞いてくださいました。

講座のあとは、お茶お菓子で和気あいあい、いろんな方との楽しいご縁に、私も今日のよい変化に感謝いたしました。

次回は6月です。お楽しみに!(またHPにてお知らせします)

写真 (18).JPG

お百度まいり [お知らせ]

oyakudo.JPG当神社に隣接した公園の中央付近に「おひゃくど石」と書かれた縦長の石が建っています。 昔、信仰の厚い人は、願をかける時に、お百度参りをしました。 拝殿とおひゃくど石を100往復するのです。すなわち、石に触れて戻ってきて100回参拝するということです。 今でもたまにお百度参りをして、無事成就し御礼参りまできちんとされる方がいらっしゃいます。 私(宮司)も以前試みました、初めのうちは祈願成就とひたすら集中できるのですが、20回目くらいで 「しんどい」となってくるのです。 それでも神様が見ていらっしゃる、やめることはできないと思いがんばります。 そのうち邪念が出てくる自分との戦いになってきて、最後の方には神様にお願いすることの意味がわかってきます。これは、お寺の座禅とよく似ていると思います。 「お百度参り」はどうして100回も!?と思われるかもしれません。 でも、体験されるときっと神様とご自分の関係性が見えてきて、願いは叶うと思います。 皆さんも「お百度参イラー」になりませんか。

oyakudo.JPG

共通テーマ:blog

ゑびす神社のばいばい銭(招福銭) [お知らせ]

当神社に古くから伝わる「招福(ばいばい)銭」という縁起物があります。
白い封筒のなかに薄い和紙にて丁寧に千円札が包まれています。
この千円札は福を呼び込むよう御祈祷がなされており、お財布、または通帳や大切な財などとともに入れておくとお金が倍々になる、大きな買い物、勝負品を購入の際にお使いいただくと幸運につながるという
伝えがあります。
お正月から十日戎に授与所にて受けていただけますが、人気ですぐになくなったためお待ちの方も
いらっしゃると思います。

吉日に御祈祷をし、拝殿にお供えしてございますので、ご参拝の際に是非お受けください。
お持ちの千円と交換いたします。(御祈祷料500円となります)

写真 (7).JPG

倉持ゑびす [お知らせ]

全国にえびす様をお祀りするえびす神社はたくさんありますが、当神社のえびす様には個性があります。
一般的にえびす様は鯛を持たれていますが、うちのえびす様はなんと、「倉」を持っておられるのです。
昔は「倉持ゑびす宮」と呼ばれていたようです。
時代がくだっていつのまにか、「尼のゑべっさん」の愛称で親しまれるようになりました。
日本唯一の「倉持ゑびす」様。♫商売繁盛、えびす様~、お参りすると倉が建つ~♫こんな歌を幼い頃に
聞いた記憶があるのです。

以下の写真は、最近、地下を整理していた時に発見した絵巻物のゑべっさんです。
何年眠っておられたのでしょう。
私に「出してくれ~!」と仰っていたような気がします。
「倉持ゑびす」様、きっと世のため、人のためにお出ましになったと思います。

                           
写真 (6).JPG


securedownload[1].jpg

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。